健康でいてもらいたい

中性脂肪を燃やしちゃえ〜青魚を手っ取り早く摂る方法〜

中性脂肪を減らすなら青魚を食べましょう。これは有名な情報ですね。
サバやイワシ、サンマなど青背の魚には中性脂肪を抑制する
栄養素EPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)
がたくさん含まれているので取らない手はありません。

 

でも、魚って面倒です。食べる時には皮があるし、骨もあるし。
焼いた後の魚焼きグリルを洗うのも面倒。仕事や家事で疲れている
日や忙しい日に魚を食べる気にはならないのです。

 

そこで手軽にこれらの手間を省いて食べられる青魚を常備しておきましょう。
鮮度を気にせず毎日手軽に食べられる青魚といえば、そう缶詰です。
サバは水煮や味噌煮、イワシはオイルサーディンや味噌煮、トマト煮、
サンマはかば焼きなど味も種類も豊富。骨まで軟らかくなっているので
EPAやDHAの他にカルシウムも豊富です。栄養満点でしかもどれも安価。

 

100円前後で買うことが出来るものばかりなので利用しない手はありません。
そのまま食べるのもいいですね。でも、味つけが濃いものもあるのでそこは気
をつけたいところ。味噌煮やかば焼きなどはご飯に合うので、
うっかりご飯を食べすぎないように(笑)

 

ちょっと手間をかける時間がある場合は、温野菜にこれらの缶詰をあえるとおい
しいです。野菜から食物繊維をとって、缶詰の青魚からEPAやDHAをとっ
ていればもう最強です。味つけもほとんど必要ありませんが、
好みでマヨネーズやお醤油などをかけてもいいでしょう。
震災以降、いざというときの非常食として缶詰を常備している人も多いはず。
ぜひ毎日の食事にとりいれてみてはいかがでしょうか?
おいしく中性脂肪を燃やせるのであればいうことなしですよね。